2019年03月12日(火)

ミネラルとは少なすぎても、多すぎても

最もよく知られている

ミネラルは、カルシウム

骨や歯などの原料になるだけでないよ

血液の凝固や筋肉の収縮などにも関与。

こんなやり取りはしませんか?

「そのイライラ、カルシウム不足かも」なんて

神経の興奮を抑える働きもあり、不足すると、

骨密度の低下や骨粗しょう症の要因 詳しくはこちら

貧血気味の人や妊婦にとって、

鉄分も

重要、重要、重要

なミネラルだよ

鉄は、赤血球の材料となるため、

月経の際や妊婦に鉄欠乏性貧血が起きやすくなります。

一方で

とりすぎて問題になる事もあるからね

それがナトリウムよ

過剰な摂取は高血圧や脳卒中などの生活習慣病の原因に。

ミネラルは

多すぎても

少なすぎても

ダメなのです。

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY