2019年04月02日(火)

テクノロジーも社会生活を支える

いつもありがとうございます。

有限会社 ウイング 山内です。

 

有限会社ウイング

今日は何気に気になる記事を発見しました。

福祉は人間だけでなくテクノロジーをどんどん活用できる

こんな紹介文です

NIN_NINは、その名の通り、忍者の姿をした小さなロボット。体の機能をシェアする「ボディシェアリング」という新しい概念から生まれました。

例えば、視覚障害者の人がNIN_NINを肩に乗せて起動すると、「目をシェアしてもいいよ」という人が、遠隔でパソコンなどを経由してNIN_NINにつながります。そして、周囲の画像をリアルタイムでシェア。信号に差しかかれば、NIN_NINを介して、「信号が青になりましたよ」と声をかけ、誘導してくれるわけです。

でもですよ、テクノロジーの進化にかまけることなく

人間が不自由な方に気を使ってあげることが

出来れば、

まずは自分から、活動開始

昨晩は予祝サークルに参加してまりました。

字のごとく

あらかじめ、祝う

盆踊り、花見なんかも

あらかじめ祝う、行事の一環みたいです。

私ども有限会社 ウイングの理念

「健康と美を叶える」

現在を明るく、未来も明るく

お客様、スタッフ、世の中に少しでも貢献

皆様の夢を伺うことができて

私もあらかじめ祝う

素敵な経験させていただきました。

ご参加された 35名あまりの方

ありがとうございました。

 

 

 

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY